キャッシュレスっていったいなに?

2018年2月6日

最近よくキャッシュレスという言葉を聞くのですが、どのような意味なのかよくわかりません。 言葉から感じることは、現金(キャッシュ)を使わずに(レス)お買い物ができるのかなと想像します。 日本では2020年の東京オリンピックに向けてキャッシュレス化を進めていくそうです。 キャッシュレス化が進むと、どのようなことが起こるのでしょう。

キャッシュレスとは?

キャッシュレスとは
現金ではなく、小切手・口座振替・クレジットカードなどを利用して支払いや受け取りを行うこと。 (デジタル大辞泉より)
と書かれています。 要するに現金は使わずに、他の手段で金銭をやりとりしましょうということですね。

日本のキャッシュレスの状況

日本は海外にくらべてキャッシュレス化が遅れているのですから、どんどん現金をなくすようにしましょうという記事を目にするようになりました。 海外でキャッシュレスが進んだ理由の一つと言われていることが、偽札が多く作られているため現金の信頼が低いからと言われています。 日本は貨幣鋳造、紙幣印刷技術は世界でもトップクラスであるために、現金が重宝されキャッシュレス化に進んでいないという理由らしいのです。

どういうことができるの?

キャッシュレスとはどんなことができるのでしょうか? 現金を使わない支払い方法はどんなものがあるのでしょうか。
  • 国際カード:クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード
  • 電子マネー:ICカード、Pay、Edyなど
  • 仮想通貨:ビットコインなど
  • 収納代行:通信事業者の課金、コンビニ収納
既に使っているものばかりですね。 インターネットを使って買い物をするときにカード決済をすると、それはもうキャッシュレスということになります。 もし代引きを使って買い物をした場合には、現金で支払いをするので、それはキャッシュレスとは呼ばないのでしょう。 これからの時代のキャッシュレスは、この代引きで支払うお金さえも現金を使わないようになるということです。 さらに、コンビニなどではもちろん、友人同士の支払いでさえもキャッシュレスにしていこうと言われています。 現金を一切使わない世界になると、もうお財布がいらなくなってしまいますね。

これからのキャッシュレス

コンビニやKIOSKなどで買い物をする場合、現金を使って購入していると思います。 時代の先端を走っているかたは、もうスマホで決済(まさにキャッシュレス)をしているかもしれません。 ※電車の運賃はほとんど電子決済(SuicaやICOCAなど)をしていると思います。これはまさにキャッシュレスですね。 僕はまだ現金ばかりなので、これから勉強していこうと思います。 このスマホを使ってコンビニでもKIOSKでも買い物をしちゃいましょう。というのがこれからのキャッシュレスです。

何がお得?

このキャッシュレスはどんなお得なことがあるのでしょう? メリット 〇現金を持ち歩かない 〇ポイントがたまる 〇使用履歴が残るので何を買ったのか忘れない デメリット 〇使いすぎてしまう 〇携帯を紛失したら何もできない 〇使用できる店舗が決まってしまう 〇電子マネーの種類が多すぎでどれをつかったらいいのかわからない 〇セキュリティに不安がある

どんなアプリでやるの?

キャッシュレスのアプリを探したところ、以下のアプリが見つかりました。 これからの未来はますますキャッシュレス化に進んでいきそうです。

スポンサーリンク