コンビニATMの手数料の優遇が減少するとキャッシュレスが進む!?

日経新聞の記事からになりますが、コンビニATMの無料で引き出しできる回数が今までよりも減少してしまうというお話。 引き出し回数を減少させる原因となっているのは、銀行に対するコストの増加。 ここでいうコストとは、
  • マイナス金利に対する収益の減少
  • コンビニATM競走の激化によるコスト増
  • キャッシュレス化による引き出し回数の減少
ということらしいのですが…。 銀行さんも最近ではリストラも行われていて、もう儲かる業種ではないみたいですね。

コンビニATMの無料の引き出し回数が減少

コンビニATMに逆風が吹いている。マイナス金利政策の余波で収益環境が厳しさを増すなか、金融機関各社は利用者にコスト負担を求め始めた。キャッシュレス化が進めばATMで現金を引き出すニーズも減り、生存競争はゆうちょ銀行を巻き込んで激化する。出店増とともに歩んできたコンビニATMは転機を迎えている。 「無料は月2回までとさせていただきます」。東邦銀行(福島県)は昨年12月、コンビニATMで現金を引き出す際に無料とする回数をそれまでの月3回から2回に減らした。百五銀行(三重県)も昨年9月以降、平日も手数料を有料化した。銀行側は「持ち出しがかさんでおり、手数料を負担してもらわないと事業が成り立たない」(百五銀の担当者)という。 (略) <日経新聞>

キャッシュレスは浸透していくのでしょうか?

自分の現金を引き出すのに手数料がかかってしまうことは、昔からちょっと損をしているような気がしていました。 これがキャッシュレスによって現金が不要となり、手数料分が引かれなければ消費者にとってはお得ですね。 しかし、キャッシュレスで買い物をしたときに、ATMから引き出したことと同じような手数料が引かれてしまうのであれば、変わらないどころか買い物をした回数だけ手数料が引かれてしまうので損をしてしまうことになります。 恐らくそのようなことは無いとは思いますので、キャッシュレスに進むことで消費者のメリットは上がっていくのでしょう。

スポンサーリンク