【あなたはまだ現金派?】キャッシュレスって現金の代わりにデビットカードにすればいいんじゃないのかな?

まだまだ現金生活の僕ですが、これから日々の生活の中でキャッシュレスを本格的に取り入れてみようと思います。

僕のキャッシュレスの定義

キャッシュレスと一口に言ってもいろいろなアプローチがあるので、どの手段を使えばいいのかいろいろと迷ってしますね。
そして、結局最後にはよくわからない・・・でいままでは終わってしまっていました。
このままでは良くないと思い、今僕が目指すキャッシュレスの定義を定めました。

定義

  • スマホで支払い可能(スマホが対応するまでカードでも可)
  • お金がその場で支払われる(クレジットカードは使わない。でも例外もあるよ)

スマホで支払い可能

キャッシュレスは現金を使うよりも便利でなくてはならないですよね。財布からカードをとり出して支払いをするよりも、スマホで支払うことができればとても楽だしスマートです。

僕は財布をいつもカバンの中に入れてしまっていますので、取り出すのがとても面倒くさい。しかも長財布と小銭入れがわかれているのでなおさら。 スマホならいつもポケットに入れているのですぐに取り出せます。

お金がその場で支払われる

クレジットカードを使ってスマホ決済にすれば今すぐにでもキャッシュレスにすることができます。でもクレジットカードって考えてみると借金なので、今月いくら使ったのかな?と思ってもカード会社の明細をみないと記憶がたどれないですし、引き落としの日付は購入したタイミングやカード会社によってまちまちなので、今月は赤字なの?黒字なの?とわかりにくいのです。

※もちろんカードにもメリットはあってポイントが付くからその分お得になります。

僕は現金の代わりとしてのキャッシュレスを目指していますので、今回はクレジットカードは使わないこととして考えていきます。
※クレジットカードしか使えない店舗のときや、ネットの通信販売などはクレジットカードを使ってしまうかもしれません。これらは例外ということで。

現金の代わりにはデビットカード

我が家の家計はなかなか苦しいので常に家計の状況を把握している必要があります、もしクレジットカードを使って日々の生活用品などを購入していった場合、即座に家計の状態を把握することは難しいと思います。まだ現金を使っていたほうが家計の状況はすぐにわかるでしょう。

現金であれば残りのお金が少なくなると次の給料日までなんとかするために自然に節約しようと考えるはずです。たとえキャッシュレスであっても現金と同じように家計の状態を把握でき、残りのお金が少ないなとすぐにわかるような運用が望ましいと思います。それができないなら現金の代わりにはなりえないでしょう。

そのような運用ができそうなのがデビットカードです。今まではテレビの宣伝などでデビットカードを見ても、デビットカードなんかよりも現金で買い物したほうが便利なのに何のために使うんだろうくらいにしか思っていませんでした。

でも、キャッシュレスを生活に取り入れようと考えると、これは現金の代わりに使えるじゃないか!なんて便利なカードなんだろうと考え方が180度変わってしまいました。

僕の目指すキャッシュレス


僕の目指すキャッシュレスは現金の代わりと考えていますので、基本的にクレジットカードは使いません(支払いが数か月後でも構わないものはクレジットカードでも支払いOKとします)。

お財布代わりに新しくキャッシュレス専用の銀行口座を作って1か月分の予算をその口座にあらかじめ入れておくことにします。その口座で使うカードはデビットカード。

デビットカードであれば支払い後にすぐ口座から引き落とされるので、あたかも銀行口座がお財布の代わりになります。 ネットの家計簿と連携させておけば、家計簿も自動で記入してくれて一石二鳥ですね。

キャッシュレスに向けて

まずはどこの銀行に口座を作るのか、どんなデビットカードを作るのか、スマホには対応しているのかなどいろいろ調べながら進めていきたいと思います。