デビットカードの明細を家計簿ソフト(マネーフォワード)に登録する方法

2018年6月7日

ついにキャッシュレスの第一歩としてイオンデビットカードを使ってみました。使い勝手は上々ですが、家計簿ソフトへの入力は簡単になるのでしょうか?

家計簿ソフトはマネーフォワード(Money foward)を使います

僕は家計簿ソフトを無料ですが高機能のマネーフォワードを使っています。
銀行口座と連携することができ資産状況の移り変わりも管理することができるので大変重宝しています。素晴らしいソフトですね。

マネーフォワードはクレジットカードとは連携することができますが、デビットカードとは連携することができません。これは、デビットカードは銀行口座と連携しているため、銀行口座とマネーフォワードを連携することでデビットカードとの連携は登録する必要がないのです。

デビットカードの履歴をマネーフォワードに連携させたいときには、デビットカードの引き落とし口座と連携しましょう。(僕の場合はイオン銀行と連携しています)

イオン銀行の履歴をマネーフォワードに表示させましょう

僕はイオンデビットカードを使っていますのでイオン銀行とマネーフォワードを連携させています。そのため、イオンデビットカードを使うとすぐにイオン銀行の口座から引落が行われ、その履歴はマネーフォワードの履歴に自動的に表示されるようになります。

※支払いの履歴がマネーフォワードに表示されるタイミングは無料版と有料版で異なります。支払い履歴ががなかなか表示されないときには、対象となる口座を手動で更新してあげましょう。

銀行の口座をマネーフォワードに登録する方法は、マネーフォワードの説明を参照してください。そんなに難しくはないですが、口座によって登録する手順が異なるのと口座1つ登録するのに時間がかかりますのでご注意を。

マネーフォワードが表示できるのは1履歴だけ

まず、デビットカードで買い物をしたときの支払い履歴を確認してみましょう。

1回の支払いでいろいろな商品を買ったとしても、イオン銀行ではいくら支払われたのかという1明細だけしか表示がされません。

マネーフォワードはイオン銀行の履歴をそのまま表示するだけなので、こちらも同じように支払った1履歴しか表示しません。これでは、何を買ったのかわかりませんね。

期待しているのは、買った商品をそれぞれの明細として表示してくれて、あとはカテゴリーの分類だけすれば家計簿の入力が完成!ってことになればいいのでしょうけれど、そこまではまだ対応できません。これはデビットカードでもクレジットカードでも同じですね。

デビットカードの支払いをマネーフォワードへ登録する方法

支払った明細をマネーフォワードへ登録します。支出元には「なし」を選択

デビットカードで買い物をしてもレシートをお店からもらいましょう。そのレシートを読み込んでマネーフォワードに登録しましょう。商品ごとにカテゴリーの分類をしておけば、カテゴリーごとの集計もできますから、後々の分析の役にたちますね。

登録するときには支出元に「なし」を選択してください。マネーフォワードが銀行口座から既に出金していますので、二重計上しないようにしましょう。

対応する銀行引き落とし履歴を計算対象外にしましょう

明細を登録したら、入力した明細と同じ金額が銀行口座から引き落としされている履歴があります。その履歴の左に計算対象というチェックがありますので、そこのチェックを外して計算対象から外しましょう。

まとめ

ちょっと面倒な手順ですが、現金で支払ったときの登録にひと手間増えたという感じでしょうか。

家計を細かく分類したい人は今回の手順をふむ必要があります。残高だけ管理したいという人は口座の履歴だけ表示して明細の入力はしなくてもよいと思います。

現金を使っていた時には、どこで使ったのか忘れたりしていましたから、残りが合わないことも沢山ありました。

明細を入力してもしなくても、お財布代わりの口座の履歴や残高は自動的に家計簿に表示してくれますから、何時いくら使ったかなどを忘れることはもうありません。

キャッシュレスにすることによって家計簿の付け忘れが無くなるのは大きなメリットでしょうね。

スポンサーリンク