スポンサーリンク

楽天ペイといえば、大手楽天から提供されているアプリですね。アプリを使って支払いができるのですが、どんなことができるのでしょうか。

楽天ペイってどんなことができるの?

楽天ペイはスマートフォンのアプリです。楽天ペイのアプリをインストールして、クレジットカードを登録することで、カードを使わずにスマートフォンから直接、支払いをすることができます。

バーコードやQRコードを使って支払いをするので、スマートフォンにFelicaやNFCなどの通信機器がついていなくても(タッチしないで)決済をすることができます。

アプリをインストールするときに、楽天会員に新規登録する必要があります(既に会員の方は新規登録は不要です)。楽天会員にクレジットカードを登録すると楽天ペイでカードによる支払いができるようになります。また、楽天ペイを使ったときに楽天ポイントが入るようになりまし、たまったポイントを使って支払いをすることもできます。

アプリのインストール

楽天ペイのアプリは下からダウンロードすることができます。

Google Play で手に入れよう


対応するスマートフォンのバージョンです。

対応バージョン
  • iPhone:iOS 9.0以上
  • Android 4.3以上

お店での使い方

楽天ペイでの支払いには3種類の方法があります。それぞれの店舗に対応した支払い方法を選択することができます。

コード表示で使う

店舗レジのバーコードリーダーを使って支払います。ローソンで使うことができました。

ローソンならPontaカードですよね。店員さんにPontaカードもスマホのバーコードをスキャンしてもらって無事Pontaポイントももらいました。

その後に「楽天」でお願いしますと話したら「エディですか?」と聞かれてしまいました。ちゃんと「楽天ペイ」と伝えましょう。学習しました。

Pontaカードを閉じてから楽天ペイを起動しなければならなかったのでレジの前で少し手間取ってしまいました。最初からPontaカードも楽天ペイも両方起動しておいた方が素早く対応できていいですね。

コード表示のお支払い手順はこちら

1.お支払い方法で「コード表示」を選択

2.お店でバーコードを提示し、読み取ってもらう

3.お支払い完了!

「コード表示」は、他のお支払い方法とはご利用条件が異なります
  • 1回あたりのお支払い金額の上限は20,000円となります。ただし楽天会員ランクがレギュラーの方は、1回あたりのお支払い金額の上限は4,000円となります。
  • ポイントを利用してお支払いされる場合、アプリ上での設定にかかわらず20,000ポイントまで(楽天会員ランクがレギュラーの方は4,000ポイントまで)となります。
  • 1日あたりのお支払い金額の上限は20,000円となります。

QR読み取りで使う

店舗に設置してあるQRコードをスマートフォンで読み取り、自分で金額を入れて支払いを行います。(僕は未経験です)

QR読み取りでのお支払い手順はこちら

1.お支払い方法で「QR読み取り」を選択

2.QRコードを読み込む

3.金額を入力

4.確認画面でスライド

5.お支払い完了!

  • ご利用1回あたりの上限金額は最大50万円となります。(楽天会員ランクにより上限金額は異なります)
  • ご利用上限金額は、お客様のクレジットカードご利用可能枠の範囲となります。

セルフで使う

スマートフォンに表示されるお店をクリックして、自分で金額を入れて支払いを行います。(僕は未経験です)

セルフでのお支払い手順はこちら

1.お支払い方法で「セルフ」を選択し、支払うお店を選択

2.金額を入力

3.確認画面でスライド

4.お支払い完了!

  • ご利用1回あたりの上限金額は最大50万円となります。(楽天会員ランクにより上限金額は異なります)
  • ご利用上限金額は、お客様のクレジットカードご利用可能枠の範囲となります。

僕はまだ「コード表示」の支払いしか体験したことがありませんので、「QR読み取り」、「セルフ」での支払いについてわからないことがあります。たとえば、入力した金額はお店の方とどのように確認したりするのでしょうね。体験できましたら報告します。

使えるお店

楽天ペイのマークが表示されている店舗で使用することができます。

Rakutn Pay

コンビニ・チェーン店

ローソン各店舗(LAWSON、NATURAL LAWSON、LAWSON STORE 100)やAOKIで使えます。いまのところはまだまだ使える店舗は少ないですが、順次拡大中ですので徐々に使えるところが増えてくるでしょう。

その他店舗

楽天ペイが使えるお店は楽天ペイアプリから「セルフ」を選ぶと、近くにある楽天ペイが使えるお店を確認することができます。これはなかなかすぐれものですね。

他にどんな店舗で使えるかは楽天ペイのサイトで確認することができます。楽天ペイのサイトはこちら

どんなカードが使えるの?

クレジットカードとデビットカードが使えます。(デビットカードは検証中です)

クレジットカード
  • 全ての楽天カード
  • Visa または Master
  • 楽天カード以外が発行したJCBカード、American Express、Diners Club、Discoverなどはお使いいただけません。
デビットカード
  • Visaデビットカードなら使えるらしい。(使うことができませんでした)※1
  • JCBデビットカードは使えませんでした。

VISAデビットカードが使えるかもしれないと思い、三井住友VISAデビットカードを発行して試してみました。デビットカードの登録までは普通にできましたが、カードを切り替えてセキュリティコードを入力すると、「エラー 有効な対象のクレジットカードが登録されていません。」というメッセージが表示され切り替えることができませんでした。

残念ながら楽天ペイは僕が持っているデビットカードは使えませんでした。クレジットカードなら使えるということがわかりましたので、素直にクレジットカードを使ったほうがよいかもしせません。待っていればそのうちデビットカードも対応してくれるかも。

お得なポイントがたまる

楽天ペイを使うのは便利だからという理由もありますが、なんといってもポイントがたまるからと言ってもいいでしょう。

楽天会員になると楽天スーパーポイントがもらえるようになります。楽天ペイで支払いをすると200円で1ポイント、さらに楽天カードを使うと100円で1ポイントがもらえてとてもお得です。

楽天は常に沢山のキャンペーンを実施していますので、楽天ペイをインストールした方は、使い始める前にまずキャンペーンをチェックしましょう。初めて楽天ペイを使ったときにポイントがもらえるなどお得なキャンペーンが沢山あります。楽天ペイの画面に表示されていますので確認してみてくださいね。

デビットカードの対応

クレジットカードであれば電子マネーアプリに対応しているものは多いですが、デビットカードは仕組みの関係によってあまりアプリとの相性はよろしくないようです。

デビットカード 使える:〇、使えない:×
三井住友VISAデビットカード
Kyashアプリを使えば対応可
イオンキャッシュ+デビットカード(JCB) ×
楽天デビットカード(JCB) ×

※カードは確認でき次第、追加していきます

まとめ

あたりまえですが、現金を財布から出して支払いをするより、スマートフォンで支払ったほうが格段に楽になります。しかもポイントもついてくれるので現金を使う意味がなくなりますね。

キャッシュレス体験をすると現金で払うことが損としか思えなくなってきています。怖いですね。また、店員さんも現金の受け渡しがないのでお互いに楽になっていると思います。

楽天ペイはこれから伸びていくアプリだと感じました。コンビニで簡単に支払えるのは便利すぎて現金にはもう戻れないです。

アプリの操作もわかりやすいですし、楽天ポイントを使って支払いをしたいときなども、画面にチェックを入れるだけですのでとても簡単です。

僕は普段の買い物にはデビットカードを使いたいので、Visaデビットが使えるのであれば楽天ペイを使っていこうと思います。Visaデビットが届きしだい検証してみたいと思います。

※検証した結果、残念ながらデビットカードは使うことができませんでした。(2018/06/11)

クレジットカードを普段の買い物に使っている方はぜひ楽天カードをおすすめします。楽天カードを使うことでもらえる100円での1ポイントはすごく大きいです。現金からキャッシュレスにしたときのメリットの1つはポイントがもらえることだと思います。

キャッシュレスに変えて、現金払いによる時間の節約とポイントがもらえるメリットを上手に活用して節約していきましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事