スポンサーリンク

楽天カードは、楽天カード株式会社で発行しているクレジットカードです。

楽天カードは沢山の種類のカードが提供されています。年会費が無料の楽天カード・女性におすすめの楽天PINKカード・楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカード・楽天ANAマイレージクラブカード・楽天カードアカデミー・楽天銀行カードなど。

今回は年会費が無料なのにもかかわらず、ポイントが沢山貯まることで定番のクレジットカードである楽天カードを紹介します。キャッシュレスアプリにも対応していて、入会時のお得な情報もあります。 まだ楽天のカードを作っていない方にはオススメのカードです。

発行元 年会費 国際ブランド
楽天カード株式会社 無料
ポイント 楽天スーパーポイント ポイント還元率 1%(100円につき1ポイント)~
追加カード ・ETCカード(条件によって無料)
・家族カード
付帯保険 ・海外旅行傷害保険(条件あり)
・楽天あんしんショッピングサービス(楽天市場のみ)
ショッピングリボ年率 15% キャッシング年率 18%
ICチップ 対応 本人認証(3Dセキュア) 対応
公式サイト 楽天カード公式

楽天カードを作ろう

楽天カード株式会社が発行しているクレジット専用カードです。(楽天銀行が発行しているクレジットカード一体型キャッシュカードとは異なります)

申込対象は18歳以上の方が対象になります。 主婦・パート・アルバイトの方でも申し込みは可能ですが、審査が通らない可能性もあります。

楽天カードの特徴

  • 年会費が永年無料
  • カードのデザインや国際ブランドの種類が多い
  • 楽天スーパーポイントがどんどんたまる。(通常1%。楽天市場の利用で還元率最大3%やSPU:スーパーポイントアッププログラム)
  • 本人認証(3Dセキュア)に対応
  • 海外旅行傷害保険がついている
  • 家族カードが無料
  • ETCカード(条件によって無料)
  • 新規入会+カード利用で5,000ポイントプレゼント
  • カード利用時にお知らせメールが届く

年会費が永年無料

楽天カードには楽天カード、楽天PINKカード、楽天ANAマイレージクラブカード、楽天プレミアムカード、楽天ゴールドカードがあります。年会費が無料なのは楽天カードだけ。

選べるデザイン

楽天カードは選べるデザインが沢山ありますね。 デザインによって選ぶことができる国際ブランド(VISAやMasterCardなど)が決まっています。 選んだ国際ブランドによっては最後に説明しているキャッシュレスアプリで使えないブランドもありますから国際ブランドを選ぶ際には注意しましょう。

既に楽天カードを持っているのだけれどもカードデザインを変えたいなと思った時でも楽天カードは対応してくれます。 しかし、変更する場合には一度退会手続きが必要です。 一度退会してから再度申し込むという流れになります。その場合には再び審査からやり直しになるし、初回入会特典はつきませんのであまりお得にはならず、手間がかかりそうですね。 よほど気に入ったカードデザインがなければ変更はやめておいたほうがよいでしょう。

家族カード

家族カードは無料で作ることができます。作成できる条件は「生計を同一にする配偶者、親、子供(18歳以上)」となります。カードの最大発行枚数は5枚まで。

家族カードを作ると1,000ポイント(本人)+200ポイント(家族)がもらえるキャンペーンが実施中です。
配偶者が働いているのであれば、家族カードには加入せずに新しく本人名義で新規作成したほうが加入時の5,000ポイントプレゼントがもらえるのでよりお得になります。

家族カードについての詳細が知りたい方はこちら ⇒ 楽天カード 家族カード

ETCカード(条件によって無料)

ETCカードは楽天PointClubの会員ランク(ダイヤモンド会員 または プラチナ会員)によって年会費500円(税抜)が無料になります。また、楽天カードより上位のカード(楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカード)であればETCカードの年会費は無料となります。楽天カードで会員ランクがあがらないようであれば、他社のクレジットカードでETCカードも作成して年会費が無料というサービスもありますから、そちらのカードを使ってみてもよいでしょう。僕は他社のETCカードを使っています。

ETCカードを使った料金精算によっても楽天スーパーポイントは100円につき1ポイントが付与されるようになっています。

楽天カードのETCカードの詳細を確認したい方はこちら ⇒ 楽天カード ETCカード

付帯保険

海外旅行傷害保険

海外旅行に行くときに使える保険です。旅先でのケガや病気、トラブルをサポートしますが、適用するためには条件があります。

日本を出国する以前に代金(自宅から出発空港までの交通費 または 海外旅行代金)を楽天カードで支払っていること

自宅から出発空港までの交通費の利用例

  • 自宅から空港までの電車代、バス代、タクシー代、航空機代
  • 上記の交通手段での一部決済(1円以上であれば対象となります)
  • 回数券、プリペイドカード、ICカードチャージ代は状況によって異なります

海外旅行代金に該当するもの

  • 海外旅行券(渡航先への航空券など)や海外ツアー(代理店で予約したツアー料金)
  • 上記の一部決済(1円以上であれば対象となります)

海外旅行傷害保険の詳しい内容は詳細ページを確認ください。 ⇒ 楽天カード 海外旅行傷害保険

楽天あんしんショッピングサービス(楽天市場のみ)

楽天カードには残念ながらショッピング保険は付帯されていません。その代わり楽天市場で商品を購入したときには楽天あんしんショッピングサービスを使うことができます。この楽天あんしんショッピングサービスは楽天カードを持っていなくても楽天市場でお買い物をした方であればどなたでも使うことができるサービスです。 楽天市場でお買い物をよくされる方は覚えておいたほうがよいかも。

サービスの適用

  • 未着・遅延・欠陥品にも対応
  • 購入金額分を最高30万円まで補償
  • 万が一の模倣品も、1,000ブランド以上を補償

楽天スーパーポイント

楽天カードには楽天スーパーポイントがあります。楽天カードでお買い物をすると最低でも1%以上の還元ポイントが付与されます。

クレジットカードでポイント還元率が1%といえばなかなか高いほうです。Yahoo!JAPANカードも1%ですが、こちらは使用した金額の都度に1%ですので端数分は毎回切り捨てられてしまうことになります。それに比べて楽天カードは月の総額に対しての1%ですので、還元効率がとてもよいカードになります。また使う手段が楽天ペイや楽天市場など沢山あるのもうれしいところです。さすが顧客満足度1位を連続で獲得しているカードだと思います。

楽天スーパーポイントの付与いろいろ

  • 楽天カードでのお買い物で1%(通常ポイント)
  • 楽天カードを登録した楽天ペイでのお買い物で2%(1%:楽天ペイ利用分(通常ポイント)+1%:楽天カード利用分(通常ポイント))
  • 楽天市場+楽天カードでのお買い物で3%(1%:楽天市場利用分(通常ポイント)+1%:楽天カード利用分(通常ポイント)+1%:楽天市場で楽天カード利用分(期間限定ポイント))
  • 楽天カードの引落口座が楽天銀行+楽天市場でのお買い物が口座から引落されるとさらに1%(期間限定ポイント)

と、いろいろお得になるのですがポイントの付与の方法がなかなか複雑ですね。楽天PointClubでも詳細な説明がありますので、気になる方はこちらで確認を ⇒ ポイント倍率の仕組み

楽天スーパーポイントの付与されるタイミング

楽天カードの毎月末日までのご利用金額の1%が翌月15日ごろに付与されます。
※楽天カードで行ったキャッシングについてはポイントの対象外になります。

ポイントの利用方法

楽天スーパーポイントはいろいろな場所で使うことができますね。あれっ!こんなところでも使えるの?っていうところもありますから時々確認してみるのもいいかもしれません。

※支払い方法は楽天ポイントカード、楽天ペイ、楽天Edyのいずれかになります。

お得な入会キャンペーンが開催中

新規入会キャンペーンで5,000ポイントプレゼント

楽天カードを初めて作った人には新規入会特典をもらうことができます。5,000ポイントをもらうことができるので忘れずにもらいましょう。簡単な手続きで特典をもらうことができます。

注意過去、楽天カードをお申し込み履歴があり、発行されたことのある方はポイント進呈対象外になります。

特典1:カード到着後に申告すると2,000ポイント(通常ポイント)

楽天カードは作るだけで2,000ポイントももらうことができます。ポイントを受け取るためにはカードが到着後に(約1週間かかる)「楽天e-NAVI」にログインして手続きすることで2,000ポイントの受け取りを申請すると5営業日以内にポイントがもらうことができます。

カードを受け取ったらまずは楽天e-NAVIで初回手続きをする

楽天カードを受け取ったら楽天e-NAVIで初回登録手続きをしましょう。
注意楽天e-NAVIに初回手続きするためには、楽天IDが必要です。楽天会員に未登録の方は楽天IDを取得しておきましょう。
楽天会員の新規登録はこちらから ⇒ 楽天会員に登録する

ポイント受け取りを申請をする(期限があるので注意)

楽天e-NAVIに初回登録手続きが完了したら、ポイントの受け取りを申請します。楽天e-NAVIサイトにログインしてポイントの受け取りを申請するボタンをクリックしましょう。申請後5営業日以内にポイントが送られてきます。

楽天e-NAVIで2,000ポイントを受け取る方法の詳細はこちらでも確認できます ⇒ 新規入会特典のお受け取り方法
注意期限:カード発行日より半年以内に受け取り手続きが必要になります。

楽天e-NAVIで初回登録手続きが完了していると、楽天カードアプリを使ってポイントの受け取りを申請することもできます。楽天カードアプリを使うとカードの履歴や支払い金額などのカード情報がすぐに確認できるので便利です。わざわざ楽天e-NAVIを確認しなくてもスマホにアプリをいれておけばいつでも照会することができます。

特典2:カードを利用すると3,000ポイント(期間限定ポイント)

カードが届いたら利用期限までに1円以上、1回以上利用することと、振替口座登録を完了することが必要です。

ポイント取得の条件

  • カードお申込日の翌月末までに利用する必要があります。
    カードを申し込んだ月が1月であれば、2月末までが期限です。申し込むタイミングは月の初めの方が余裕があってよいでしょう。
  • カードお申込みの翌々月までに登録する必要があります。
    カードを申し込んだ月が1月であれば3月末までが期限です。カードの振替口座設定は楽天e-NAVIで設定します。
  • ポイントが進呈される日はカード初回利用と口座登録の両方が完了した月の翌月の20日頃になります。
  • 期間限定ポイントには使用できるまでの期限がありますので注意しましょう。
    有効期限は楽天PointClubで確認することができます。

家族カードに入会で、1,000ポイント+200ポイントをプレゼント

家族カードに入会すると、本人に1,000ポイント、家族に200ポイントがプレゼントされます。本人への1,000ポイントは自動で付与されますが、家族への200ポイントは新規加入と同じように楽天e-NAVIから「ポイント受け取りボタン」をクリックしないと受け取ることができませんので注意しましょう。

家族カードのキャンペーン詳細についてはこちら ⇒ 楽天カード 家族カードキャンペーン

アプリへの対応状況

楽天カードのキャッシュレスアプリの対応状況です。

対応アプリ
Apple Pay ×
Google Pay
Kyash経由ならOK

Kyash経由ならOK
×
楽天ペイ
楽天カードのみ

楽天カードのみ
OrigamiPay × ×
LINEPay
Kyash × ×
PayPay × ×
※キャッシュレスアプリの対応につきましては管理人独自の調査結果によるものです。誤がございましたらご連絡いただけると幸いです。

国際ブランドはVISAまたはMasterCardがおすすめ

キャッシュレスアプリのカード対応表を見てもらえばわかるとおり、JCB、Amexはアプリ対応が弱いところです。VISAまたはMasterCardであれば、殆どのアプリに対応できるので国際ブランドはVISA、MasterCardを選択したほうがよいでしょう。

さらにお得

Kyashを使うとさらにお得

Kyashとはクレジットカードのように使える電子マネーです。Kyashの電子マネーを使うと2%のキャッシュバックがもらえます。Kyashへのチャージにはクレジットカードが使えるので楽天カードを使ってチャージをすれば合計で3%(1%:楽天スーパーポイント+2%:Kyashキャッシュバック)がもらえるようになります。ただ、間にKyashを入れるだけで2%もお得になるので使わないのはもったいないですよ。

さらにKyashカードを楽天ペイに登録すると、楽天ペイから支払い額に対する0.5%の楽天スーパーポイントがもらえます。 もちろん楽天ペイだけでなく、PayPayなどでも使えるのでお好きなアプリと組み合わせるのもよいでしょう。

支払い明細は楽天カードアプリで確認しよう

クレジットカードは現在いくら使っているかを把握することが重要になってきます、最近ではカード会社からの明細もオプション扱いになっているので月額の費用を浮かせるためには自分で支払い金額を管理しておくことが必要です。その管理をするためには必ず必要なアプリといってよいでしょう。このアプリでは毎月の使った金額と支払い予定額が管理できます。動作も軽く使いやすく家計簿機能まである優れもののアプリですから、強く使うことをオススメします。もちろん僕も使っています。

楽天カードアプリ

楽天カードアプリはこちらから確認できます ⇒ 楽天カードアプリ

楽天カード

楽天カード

RAKUTEN CARD,INC.無料posted withアプリーチ

家計簿ソフトと連携して活用しよう

家計簿アプリとの連携は知名度が高いカードなので「マネーフォワードME」、「zaim」共に対応しているので、すぐに連携することができます。 楽天スーパーポイントにも対応しているので、登録するだけでクレジットカードの明細や楽天スーパーポイントの明細が自動で記入されるため、わざわざ家計簿へ記入する作業は不要になります。とても便利ですよ。

連携のやり方

  • マネーフォワードME:「口座」 ⇒ 「金融機関を追加する」 ⇒ 「カード」 ⇒ 「楽天カード」から連携することができます。
  • zaim:「設定」 ⇒ 「金融機関と連携」 ⇒ 「カード:クレジット」 ⇒ 「楽天カード」から連携することができます。

ショッピングのお支払い

締め日と支払い日

毎月10日までのお支払いが、毎月27日(土・日・祝日の場合は翌営業日)に自動で登録した金融機関から引き落としされます。請求金額は楽天e-NAVIのカード利用明細 または 楽天カードアプリから確認することができます。

支払い方法

1回、2回、ボーナス払い、分割払い、リボ払いから選ぶことができます。

1回払い 購入代金を一括で支払います。手数料:無料。分割払いにあとから変更できるサービスもあります。
2回払い 購入代金を分割(2回)して支払います。手数料:無料
分割払い 購入代金を分割(3/5/6/10/12/15/18/20/24/30/36)して支払います。手数料:回数に応じて変わります。実質年率12.25%~15.00%
ボーナス払い 購入代金をボーナス月に(1回または2回)支払います。手数料:1回払い無料、2回払い:実質年率13.89%
リボ払い 購入代金をまとめて月額固定金額で支払います。手数料:実質年率15.00%

まとめ

いろいろと沢山書いてきましたが、こんなに認知度が高くてポイントも貯まりやすく使い勝手の良いカードは楽天カードかYahoo! JAPANカードくらいでしょう。 これから本格的にキャッシュレスをやってみたい方やクレジットカードを使ったことがない方はまず初めに楽天カードでクレジットカードに慣れてみるのがよいのではないでしょうか。ポイントもどんどんたまっていくのも楽しみの一つになるでしょう。 作るときには入会時のポイントをもらうのを忘れないようにしましょうね。

お申し込みはこちらから ⇒ 

Yahoo!JAPANカードもおすすめ
スポンサーリンク

Twitterやってます

おすすめの記事