楽天ペイ 消費者還元5%攻略方法
スポンサーリンク

10月から消費税もあがり、同時にキャッシュレス消費者還元事業も始まっています。
メディアなどで沢山紹介されているので実施されていることはご存知だと思います。
でも、実際還元が適用されるまでに沢山の条件があるので、一体どうやってやれば得になるの? ということがわかりにくいと僕は感じています。

今回は楽天ペイを使ったときに、どんなことに気をつけていれば最大のメリットが受けられるのかを検証していきたいと思います。

楽天ペイ・キャンペーン攻略方法

攻略方法を考えるうえで、入り口と出口の2つのパターンにわけます。
楽天ペイにお金を入れるところの部分についてを入り口とし、楽天ペイを使って決済をするの部分のことを出口と定義して、それぞれを分けて考えていきましょう。
楽天ペイ 入口と出口

楽天ペイ 入口と出口

出口の攻略

まずは、キャッシュレス消費者還元キャンペーンが適用されている出口から。
キャッシュレス消費者還元の還元率は、お店によって還元率が変わります。 変わる範囲は5%、2%、0%の3つです。
あなたの行きたいお店がいったい何%の還元率なのかは、お店に張られているポスターを確認するか、専用のアプリで確認するなどの方法があります。(行きたいお店で楽天ペイが使えるかどうか調べることができるサービスはこちらです)

本来キャッシュレス消費者還元だけだと、0%~5%の範囲までの還元率になり、0%だったときには全く還元してもらうことができません。
しかし、今回の楽天ペイはキャッシュレス消費者還元であろうとなかろうと、「楽天ペイでお買い物をしたら必ず5%を還元します」という嬉しいキャンペーンを実施中です。

キャッシュレス消費者還元の還元率が5%に満たないときには、楽天が足りない分を割り当ててくれるので、楽天ペイが使えるすべてのお店で5%の還元をしてくれることになります。

このキャンペーンのおかげで買い物をする店舗がキャッシュレス消費者還元対応なのか、また何%の還元なのかを一切気にする必要がありません。難しいことを考えなくていいのでとっても楽なのです。
ただ楽天ペイで買い物をするだけで5%の還元は約束されています。
このキャンペーンは第1弾として2019年10月1日から2019年12月2日まで行っています。
楽天ペイ キャッシュレス消費者還元 キャンペーン 第1弾

楽天ペイ キャッシュレス消費者還元 キャンペーン 第1弾

5%の還元率は無条件でもらえますが、いざ支払いをしたのはいいけれど一体いつ何ポイントが還元されるの?というところが消費者還元と楽天キャンペーンでは違ってくるのです。

楽天ペイで買い物をするとどんなお店でも5%を還元してもらえますが、キャッシュレス消費者還元のポイントがもらえるタイミングと楽天キャンペーンから還元されるポイントがもらえるタイミングはそれぞれ違うし、もらえるポイントの種類も異なります。

そこまで把握しておくことは必要かどうかといえば、忘れちゃってもいいでしょう。 還元されるポイントはずっと遅れてもらえるということだけ覚えておいてください。

対象 付与時期 ポイントの種類
消費者還元 利用月の翌々月末日 通常
楽天キャンペーン 2019年12月末日 期間限定

このようにポイントがもらえる時期はず~っと先になりますし、消費者還元と楽天キャンペーンがミックスされているパターンになると、もらえる時期が違います。いざ、ポイントが付いた時に「これはいつの還元だっけ?」となることは必至ですから、貯金をしているとおもって楽しみに待っているしかないですね。

入り口の攻略

さて、次は楽天ペイにお金をいれるための入り口の攻略です。
出口では楽天の太っ腹企画のおかげでどこで支払いをしても、かならず5%の還元がありました。

入り口はいろいろなパターンがありますが、どのパターンを選択するかによってもらえる還元率が変わってきます。
あなたがどのような目的をもって入り口をデザインするのか、その結果で還元率が変わってしまうという仕組みです。
言葉で説明すると難しくなりますが、下の図をみればすぐにわかると思います。

楽天ペイ 支払いパターン

楽天ペイ 支払いパターン

楽天ペイで買い物をするためには、クレジットカード楽天キャッシュ楽天ポイントのどれかを使う必要があります。選んだ方法で還元率が変わるよというお話です。

考えられるパターンは以下の通り。

  1. 楽天ポイントを使う(0%)
    もらった楽天ポイントを使ってお買い物をします。チャージもなにもしないため、還元率は0%です。
  2. ラクマの売上金からチャージする(0%) 1円以上から:手数料なし
    ラクマの売上金から楽天キャッシュにチャージをしますが、こちらも還元率は0%
  3. 楽天銀行からチャージする(0%+1ポイント(*1)) 1,000円以上から:手数料なし
    楽天銀行から楽天キャッシュへチャージをします。還元率は0%ですが、楽天銀行から楽天キャッシュへチャージするときに、楽天Edyを経由する仕組みになっています。
  4. 楽天カードからチャージをする(0.5%)
    楽天カードを持っていれば、カードを使って楽天キャッシュにチャージをすることができます(楽天カードだけの特典)。このとき0.5%の還元があります。
  5. 楽天カードを使う(1.0%)
    楽天カードと楽天ペイをリンクして楽天ペイの支払いをクレジットカードで決済するための方法です。楽天カードでのお買い物になるので、還元率は1.0%になります。楽天キャッシュにチャージするよりも倍の還元率になるのでこちらを使うほうがお得になります。
  6. 高還元カードを使う:例えばリクルートカード(1.2%)
    楽天カードの還元率は1.0%ですが、世の中には還元率が高いクレジットカードがあります。例えばリクルートカードなどは、還元率が1.2%なので楽天カードよりお得になります。楽天カードの還元方法は楽天ポイントという楽天ペイでも使えるポイントが還元されますが、他のカードのときにはそのカードによる還元方法に変わります。(リクルートカードの例ですと、リクルートポイントが還元されます)
    他のクレジットカードでもカード独自のキャンペーンが行われているときがありますから、そのようなカードを組み合わせるとさらに還元率がアップします。いろいろな組み合わせができるのが面白いところです。

※1:楽天銀行から楽天Edyにチャージすると1回につき1ポイントがもらえます。これが適用される可能性があります。(要エントリー)

Kyashという技:使える人は限定的

Kyashというバーチャルカードを使うと、使っているクレジットカードに対してさらに1%(*1)の還元率を追加することができるテクニックです。
かならずしも使わなければならないということではなくて、単純にKyash使うだけで簡単に1%の還元率が追加できるのでおすすめです。

これを楽天ペイで使うと、もともとのクレジットカードの還元率に加えてさらに1%還元率を上げることができます。
ただ、残念なことに2019年9月30日以降からの楽天ペイは新たにKyashの登録ができなくなっています。
ただし、過去に楽天ペイにKyashを登録されていた方は、継続して使うことができるようです。

Kyashを使うと重ねて使っているクレジットカードとは別にKyashのポイントが1%還元されるようになります。

  • 楽天カード+Kyashを使う(1.0%+1.0%=2.0%)
  • 高還元カード:例えばリクルートカード+Kyashを使う(1.2%+1.0%=2.2%)

※1:Kyashのリアルカードを作成すると還元率は1%、バーチャルカードだと還元率は0.5%になります。

楽天ペイでKyashを使う

楽天ペイでKyashを使う

クレジットカードが一番還元率が高い

入り口と出口でそれぞれ還元率について考えてきました。
今回のキャンペーンの出口でもらえる還元率は、すべての店舗で5%固定ですからわかりやすいですね。

あとは入り口の還元率をデザインすれば、高い還元率を得ることができるでしょう。

楽天ペイ ずーっと5%キャンペーン攻略結果

楽天ペイ ずーっと5%キャンペーン攻略結果

あらためて表を確認してみると、楽天ポイント、ラクマ、楽天銀行は還元率が0%ですから、クレジットカードを持っているのであれば、わざわざこれらを選択することはないでしょう(ラクマの売り上げが余っているから使ってしまおうというのはありですね)。

楽天カードを持っている方は、楽天カードを使ってわざわざチャージするよりも、クレジットカードを楽天ペイに連携させて決済をしたほうがより多く還元することができますから注意したいところです。

表からわかることですが、一番還元率が高いのはその他のカードです。 これは楽天のキャンペーンではなかなか珍しいことでして、いつもは楽天カードだけがキャンペーンの対象となり、その他のクレジットカードはキャンペーン対象外となっていました。

今回のキャンペーンではそのようなことはなく、ちゃんとその他のカードも使えるので、還元率のクレジットカードをお持ちであれば是非使うことをお勧めします。

楽天カードをお持ちでなく、これから楽天ペイを継続して使う予定であれば、楽天カードを作ることをおすすめします。 楽天カードはこちら

高還元率のクレジットカードを作ることもあり

このキャンペーンの期間は2019年12月までと長期間開催されています。 これだけの期間があるので、高還元率のクレジットカードを作ることも有効な方法かもしれません。

  • 三井住友カードを新規作成すると、カード利用の20%還元キャンペーンを実施中(2019年12月27日まで)
    三井住友カードの20%還元をつかえば、入り口で20%の還元率をつくることができます。出口の5%を加えると、合計で25%の還元率。1/4の還元になりますから強力ですね!

楽天ペイが提供している店舗検索サービス

キャッシュレス消費者還元では、店舗によって還元率が5%または2%または0%を調べることが必要です。(楽天ペイではすべての店舗で5%の還元ですから、あまり調べる必要性がありません)
楽天ペイが使える店舗やキャッシュレス消費者還元の還元率を調べたいときには、楽天ペイが提供している店舗検索サービスが便利です。

楽天ペイ 店舗検索サービス

まとめ

長くなってしまいました。今回のキャンペーンの出口は5%固定ですから、入り口を攻略することで還元率が変化します。
クレジットカードを使うことでポイントを上手に稼ぐことができますが、支払いの管理が必要になってくるので悩ましいところですね。
僕は還元率を優先にしていますので、最近ではクレジットカードを多用しています。
支払いの管理は家計簿ソフト(マネーフォワード)を使っているので楽に対応できています。いろいろなツールを組み合わせて、得をしながら家計の管理もしていきましょう。

スポンサーリンク

Twitterやってます

おすすめの記事