7Pay
スポンサーリンク

今までPayアプリが使えなかったセブンイレブンからついにアプリが登場します。

名前は7pay(セブンペイ)

リリース時期は2019年7月を予定しています。

株式会社セブン&アイ・ホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井阪 隆一)傘下の株式会社セブン・ペイ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林 強)は、2019年7月よりスマートフォンをツールとしたバーコード決済『7pay(セブンペイ)』のサービスを開始いたします。サービス開始当初は、累計1,100万件ダウンロードを超えた『セブン‐イレブンアプリ』から登録をスタートすることで、アプリを更に「おトク」にそして「便利」にお使いいただけます。

どこまでできるセブンペイ

最初はセブン・イレブンアプリからの提供

最初にリリースされるアプリはセブンイレブンアプリからの登録と記載されています。
アプリを直接インストールできるようになるのは、2019年10月をめどに準備しているそうです。

セブン‐イレブンアプリ

セブン‐イレブンアプリ

Seven-Eleven Japan Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

気になる機能は?

7pay

さてアプリの中身はというと、チャージ(店頭レジ、セブン銀行ATM、クレジットカード)してからのバーコード決済です。 PayPayやLINE Payなどと同じ決済方法ですね。
クレジットカードから直接決済できるのか、デビットカードは使えるのか?など気になるところです。

あとから出てきたアプリなので、まずはどこまで他社のアプリに近づけるかというところでしょうか。

ポイント還元はnanacoやセブンマイル

ポイント還元は当然nanacoになると思いますので、nanacoを使っている方は便利になると思います。
nanacoモバイルはいままではAndroidしか使えなかったのですが、これからはiPhoneでも使えるようになるでしょう。

nanacoのポイント還元率が2019年7月から1% ⇒ 0.5%に下がってしまうと発表がありました。これはかなり残念なお知らせです。

国内外の他社スマホ決済サービスにも対応

2019年7月の7payの導入と同時に「Alipay(アリペイ)」、「WeChat Pay(ウィーチャットペイ)」が使えるようになります(日経新聞より)。 外国の方を想定しているのでしょうね。

時期は未定ですが、国内のスマホ決済サービスも2019年上半期に対応予定とのことです。

セブン―イレブン・ジャパンは10日、さいたま市内で行った商品政策の説明会で、スマートフォン(スマホ)を使ったバーコード決済サービスについて、国内外の他社のサービスにも対応する方針を明らかにした。利便性を高め、集客につなげる。

セブンは7月からスマホのバーコード決済サービス「セブンペイ」を始める。導入に合わせ、中国のQRコード決済「微信支付(ウィーチャットペイ)」や「支付宝(アリペイ)」に同時に対応する。国内のバーコード決済についても2019年度上期に対応することを目標とするという。

まとめ

7payを早く使ってみたいなという方は、いまのうちからセブンイレブン・アプリを入れておいたほうがよいかもしれません。

これからファミリーマートも決済アプリを提供する予定ですので、各社乱立する状況になってきました。 こんなに沢山あると使うほうも一体どれを使っていいかわかりませんよね。
今度、どのサービスがお得なのか調べて記事にしてみたいと思います。

スポンサーリンク

Twitterやってます

おすすめの記事