ガスファンヒーター

我が家ではいままで暖房器具はエアコンだけで過ごしていました。 ですが、あまりに寒いためガスファンヒーターはどうなのだろうと考えて購入したところ、想像以上に快適になりました。

ガスがすぐに暖かくなるのは知っていましたが、ここまで暖かくなるとはなんでもっと早く導入しておかなかったのかと思うくらいです。

ガスファンヒーターを導入しなかった理由はエアコンよりもランニングコストが高くなるのではないかと考えてたからです。

ガスって電気よりも高いイメージがありましたから、エアコン暖房でいいんじゃない?と今までは思っていました。

しかし、エアコンの暖房ってなかなか暖まらないですよね。

朝はあらかじめタイマーをセットしておけばいいのですが、帰宅後すぐに暖かくしたいのに、部屋が暖まるまで時間がかかっていたりしました。

ずっとエアコン暖房でいいと思っていましたが、寒くて耐えられないという声が家族から上がってきたのでガスファンヒーターを導入してみたという理由です。

ついでにエアコンとガスのランニングコストも検証しみようと思い現在検証中なのです。

ぶっちゃけエアコンとガスファンヒーターではどっちが安いのか? 予想ではガスを使った暖房のほうが割高になるのかなと予想していましたが、2か月使ってみた結果はなんとあまり変わらない。

エアコンとガスファンヒーターではランニングコストも変わらず、今までよりも暖かくなるならばガスファンヒーターはオススメなのではと思っています。

僕の感じたエアコンとガスファンヒーターの違いなど語っていきますが、そんなことよりもコストの比較結果がすぐに見たい方はこちらから移動してください。

この記事の目次

強力すぎるガスファンヒーター

ファンヒーターとはご存知のとおり、ガスを使った火力で熱した空気をファンを使って送風し、すぐに暖かい空気を作り出し部屋中に循環させることができる暖房器具になります。

そのパワフルさは素晴らしく、ヒーターの前にいるだけですぐに暑くなりすぎて前から離れたくなるほどです。

しかも、ガスを燃焼するときには、一緒に水蒸気も発生するのでエアコンでは必要だった加湿器もガスファンヒーターでは不要になります。

冬のインフルエンザ対策にもよさそうですね。

ガスファンヒーターを導入した結果

ガスファンヒーターを導入した結果をお話する前に、僕の住環境の説明からさせていただきます。

各ご家庭での住環境の条件によっても暖かさやコストが変わってくると思います。

我が家の住環境

  • 2017年に建築
  • 木造2階建て
  • ガスファンヒーターを使う場所は1階のみ
  • 1階の広さは100m2
  • 5人家族
  • 都市ガス使用
  • 居住地は関東なので比較的暖かい

導入した結果の比較

良かったこと 悪かったこと
  • すぐに温まるから快適
  • 加湿をしてくれる
  • 燃料補給の手間がない
  • ガス栓が必要
  • コストはエアコンと比べてあまり変わらない(検証継続中)
  • 定期的に喚起が必要
  • 足元に線ができてしまう(じゃま)
  • 商品の種類が少ない

良かったこと

すぐに温まるから快適

エアコンの暖房は、じわ~っと暖かくなるため、部屋が暖まるには時間が必要になります。 ガスファンヒーターはつけた瞬間から強力な暖かい風が沢山出てくるので、我が家ではすぐに部屋が暖かくなりました。

エアコン暖房だった以前と比べて、寒いと感じる時間が短くなったので、外から帰宅したときなどは大活躍してくれます。

加湿をしてくれる

目には見えないですがガスが燃えると、一緒に水蒸気が出てくるのでお部屋が乾燥しにくくなります。
エアコンの暖房を使っていたときには、インフルエンザの予防のために必ず加湿器をつけていたのですが、ガスファンヒーターにしてからはいまのところ加湿器を使う予定がありません。

燃料補給の手間がない

これは石油ファンヒーターと比べてということになります。
ガスは屋内に配管されてきますので、ホースをつなげば燃料を補給することはありません。
石油ファンヒーターも暖かさは強力で、コストは安く済みますが、灯油をファンヒーターに補給したり、ガソリンスタンドに買いに行ったりする労力はなかなか大変ですね。

悪かったこと

ガス栓が必要

ガスなのでガス栓が必要になります。
家を建てるときにはあらかじめリビングにガス栓を付けておいたのですが、どうやら場所があまりよくありませんでした。

ダイニングテーブルのすぐ近くにつけてしまったもので、人とガスファンヒーターが近すぎるのです。
当初ガスファンヒーターを導入する予定がなかったもので、あまり深く考えていなかったのが原因です。
ガス栓の位置によってガスファンヒーターの場所も決まってしまいますから、これから建築する方はよく考えておきましょうね。

あまりに不便な場所に設置してしまったときには、ガス栓を移設することもできます。
どうしても、場所を変えたいときにはガス会社に依頼してみましょう。(工事が必要になります)

コストはエアコンと比べてあまり変わらない(検証継続中)

ガスファンヒーターに切り替えてエアコンと同じように生活してみた結果、平均したコストはエアコン使用時とあまり変わらないという結果がでました。

記事の後半で検証していますが、ガスファンヒーターの使い方を工夫することで、エアコンよりも安く抑えることができる可能性もあると思っています。

1時間に1回の喚起が必要

ガスを使うと空気中の酸素をつかうので、空気の入れ替えをする必要があります。
これをしないと一酸化中毒になる可能性がありますから空気の入れ替えは必ず必要になります。

これが結構面倒なんですよね。
1時間に1回と言われていますが、我が家ではもっと間隔をあけて入れ替えをしています。
5人もいると誰かしら出たり入ったりしていますので、自然に喚起されているってこともあるかもしれません。

ガスファンヒーターによっては空気の入れ替えを警告する機能がありますから、アラームが鳴ったら空気の入れ替えをしておきましょう。

足元に線ができてしまう

ガスファンヒーターを使うためにはガスと電気が必要になります。
石油ファンヒーターであれば電気のコードだけなので、移動も簡単にできますが、ガスファンヒーターはガスコードもつながれていますので、設置場所は決まってしまいます。

ガスコードもなかなかの太さがありますから、コードの上を通るときにはちょっと気にする必要があります。

商品の種類が少ない

ガス製品はあまり普及していないせいなのか、商品の種類が少ないと感じました。
販売会社はリンナイさん または ノーリツさんのいずれか。

そのため、商品を選ぶときにはあまり比較することなしに購入することができるので楽なのかもしれません。

ガスファンヒーターのコスト (2020年5月7日現在)

ガスファンヒーターを使い始めていちばん気になっていたコスト。

まだ2019年12月と2020年1月の2か月間だけしか検証できていませんが、現時点での結論は、エアコンを使った暖房と比べてトータルではあまり変わらないということになりました。 では、詳細を確認していきましょう。

電気代の移り変わり

まずは、エアコンの暖房だけで生活していたときとガスに切り替えた後のコストを比較してみましょう。
2018年~2019年11月の中旬までがエアコンの暖房を使っていた時期です。2019年11月中旬から暖房をエアコンからガスファンヒーターに完全に切り替えました。

※グラフ中の12月だけは年を1年差し引いてみてください。

ガスファンヒーター 電気代の移り変わり

2018年から2019年にかけて右肩上がりだった電気代もガスファンヒーターに変えることで1/3~半額程度の削減が見込まれそうな感じです。
こうしてみると暖房に使う電気代というのはなかなか馬鹿にできないな~と感じます。

前年 2019年12月~2020年 差額
12月 16,000円 11,000円 5,000円の節約
1月 24,000円 13,000円 11,000円の節約
2月 28,000円 13,000円 15,000円の節約
3月 19,000円 12,000円 7,000円の節約
4月 15,000円 13,000円 2,000円の節約

ガス代の移り変わり

次にガス代の移り変わりです。

ガスファンヒーター ガス料金の移り変わり

2019年の12月(グラフ上では2020年の12月)からいきなりドカ~ンと上がっていますね。 まあ、暖房のメインをガスに切り替えたのですから当然です。

でも1月は結構ガスを使っているのに対して、2月は随分少なくなっていますね。

前年 2020年 差額
12月 6,000円 13,000円 7,000円の増加
1月 8,000円 18,000円 10,000円の増加
2月 8,000円 13,000円 5,000円の増加
3月 8,000円 11,000円 3,000円の増加
4月 7,000円 8,000円 1,000円の増加

合計金額の移り変わりです

ガスファンヒーター 電気料金+ガス料金の移り変わり

前年 2020年 差額
12月 22,000円 24,000円 2,000円の増加
1月 32,000円 31,000円 1,000円の節約
2月 36,000円 26,000円 10,000円の節約
3月 27,000円 23,000円 4,000円の節約
4月 22,000円 21,000円 1,000円の節約
合計 139,000円 125,000円 14,000円の節約

合計金額を見てみると、ガスに切り替えた時の方が14,000円もお得になっています! ガスってお得なのですね。

と考えてしまいますが、そうは簡単にはいかないようで、なんと2020年の冬は記録的な暖冬だったようです。

この冬は統計開始以来最も高い高温で、日本海側の降雪量も最少記録を更新。気象庁は、異常気象分析検討会において、この「記録的な暖冬」の要因を分析し、14日見解を発表しました。

総合判定

暖房をガスに切り替えてコストの比較をしてみようと試みたわけですが、最も暖かい冬だったということで正確な比較はできませんでした。

しかし、これからも暖冬が続いていくと考えてみると、エアコンの暖房よりやはりガスファンヒーターを使った方がお得であるし、すぐに暖かくなって気持ちもよいものです。

コストも安くてガスファンヒーターの一番の目的であった暖かさがエアコンと比べて強力なところが大きなメリットですね。

おすすめガスファンヒーター

ガスファンヒーターの種類はそんなに多くはありません。 各機種の内容を確認したうえで購入することをおすすめいたします。

僕が購入したものはリンナイさんのRC-U4002Eです。 広さは11畳以上あるのですが、最近の住宅であれば11畳用でも十分とのこと(ただし、地域で差があると思います)。 我が家ではいまのところ問題ありません。

リンナイ ガスファンヒーター RC-U2402E (木造7畳/コンクリート9畳)

リンナイ RC-U2402E
12A13ALPG
暖房の目安

木造7畳までコンクリート9畳まで

  • 暖房能力:2.44kW
  • 外形寸法(mm):高さ379×幅400×奥行130(脚部178)
  • 質量:5.3kg
  • 消費電力 運転時:14W
  • 運転音:37db

ノーリツ ガスファンヒーター GFH-2405S 木造7畳/コンクリート9畳

ノーリツ GFH-2405S
12A13ALPG
暖房の目安

木造7畳までコンクリート9畳まで

  • 暖房能力:2.44kW~0.52kW
  • 外形寸法(mm):高さ370×幅410×奥行128(脚部148)
  • 質量:5.5kg
  • 消費電力 運転時:強13W/弱9W

リンナイ ガスファンヒーター RC-U4002E (木造11畳/コンクリート15畳)

リンナイ RC-4002E-SM
12A13ALPG
暖房の目安

木造11畳までコンクリート15畳まで

  • 暖房能力:4.07kW
  • 外形寸法:H440×D150×H440mm
  • 質量:6.7kg
  • 消費電力 運転時:18W
  • 運転音:40db

ノーリツ ガスファンヒーター GFH-4005S スノーホワイト 木造11畳/コンクリート15畳

ノーリツ GFH-4005S
12A13ALPG
暖房の目安 ガス質13Aの場合

木造11畳までコンクリート15畳まで

  • 暖房能力:4.07~0.76kW(13A)
  • 外形寸法:H440×D163×H478mm
  • 質量:7.5kg
  • 消費電力 運転時(共:15W/弱:10W)

リンナイ ガスファンヒーター RC-U5801E (木造15畳/コンクリート21畳)

リンナイ RC-U58-1E
12A13ALPG
暖房の目安

木造15畳までコンクリート21畳まで

  • 暖房能力:5.81kW
  • 外形寸法(mm):高さ435×幅480×奥行168
  • 質量:7.9kg
  • 消費電力 運転時:17W
  • 運転音:40db

ノーリツ ガスファンヒーター GFH-5802S 木造15畳/コンクリート21畳

リンナイ RC-U58-1E
12A13ALPG
暖房の目安

木造15畳までコンクリート21畳まで

  • 暖房能力:5.81kW~1.05kW
  • 外形寸法(mm):高さ446×幅520×奥行175(脚部180)
  • 質量:8.7kg
  • 消費電力 運転時:強17W/弱10W

スポンサーリンク

Twitterやってます

おすすめの記事