家庭用冷凍庫より強力な超低温冷凍庫があるのをご存知ですか?

アニサキスをやっつけるには-20℃以下で24時間の間、冷凍することが必要だということがわかりました。
家庭用の冷凍庫は-18℃までしか対応していませんし、環境によっては-14℃くらいになります。(我が家の冷凍庫は-14℃でした)

-20℃以下の冷凍庫なんて販売されているのでしょうか?

ということで調べてみました。

この記事からはこんなことがわかります
  • -20℃以下にできる冷凍庫は販売している
  • 超低温冷凍庫は長期保存に最適
  • 家庭で使うには高価だった

-20℃以下の冷凍庫は販売されている

-20℃以下の冷凍庫は販売されています。 株式会社ジェーシーエムさんや株式会社ダイレイさんから、容量の違う商品が沢山作られていました。

-20℃の冷凍庫であれば価格もそこまで高価ではないので、普通の冷凍庫よりちょっと性能が良いものが良ければ購入することができます。

超低温冷凍庫ならば長期保存が可能

世の中には-20℃よりももっと温度が低くなる超低温冷凍庫があります。

超低温とは一体なんでしょうか。 明確な定義は見つからなかったのですが、どうやら-20℃よりもさらに低い温度で管理することができる冷凍庫と言われています。

食品が傷むメカニズムとは

超低温の素晴らしさを理解するには、まず食品が傷む仕組みを知らないといけません。

食品が傷むメカニズムは、素材の中で化学変化が進むことにより腐敗していきます

この化学変化には温度がかかわっているので、条件となる温度を下げてあげることによって、腐敗が進むことを遅らせることができます。

私たちが普段使っている冷蔵庫や冷凍庫では、腐敗を遅らせることはできますが食材を長期保管することはできません。-18℃程度ではおよそ数週間で痛んだり、冷凍焼けをおこします。

食べ物の廃棄

冷凍焼けを防ぐには、急速冷凍(家庭用の家電ではできません)や超低温(-60℃以下)での保管が必要とされていますが、これはどちらかというと家庭用ではなく、業務用として商品を販売するときに必要になります。

ご家庭ではここまですることはできませんので、乾燥を防ぐためにはジップロックに入れて、なるべく早く消費することがよいでしょう。

超低温冷凍とは

超低温冷凍庫は、家庭用冷凍庫とは別に販売されています。 これらは主に業務用になりますが、-20℃~-80℃まで対応する商品があります。

超低温の何がよいのか。 食品が傷むメカニズムでも説明したように、低温であれば食品の酸化が進みにくくなるため長期保存が可能になります。

超低温冷凍庫の効果
  • タンパク質の酵素分解が抑制することができる
  • 脂肪の酸化が抑制 が可能になるので、新鮮なままで保存することができる

株式会社ダイレイさんのWebでは、超低温冷凍庫で保管した食材のサンプル写真が記載されています。
あきらかに目で見て違いが分かるのが驚きです。

Webには他のサンプルもありますので、是非確認してみてください。

超低温冷凍庫は高価

超低温冷凍庫は低温になればなるほど商品の値段も高価になります。

電圧も必要だったので以前は100Vでは収まらなかったりしていましたが、いまではほぼ家庭用の100V電源で使うことができるので、工事もせずそのまま使うことができます。

霜取りは必須

超低温冷凍庫は、素材の劣化を防ぐために庫内への送風は行っていません

ファン式のような庫内へ送風して冷気を循環させる仕組みだと、食材に風が当たってしまうため、素材が乾燥し痛めることになります。

製品の殆どは直冷式であり、どうしても庫内に霜が付着するため取り去る作業が発生します。これも素材を美味しく保つためには仕方がないですね。

家庭内での用途は

食品の長期保管に適していることは素晴らしいのですが、はたして家庭で必要なのでしょうか?

家庭では常に食材の入れ替わりがあるので、長期での保管は必要とされていませんし、適していません。

長期保管用冷凍庫を購入して、長期保管する食材を扱うのであれば重宝しそうですが、そのような機会は一般家庭ではあまりないかもしれません。

こんなときに使えるかも
  • 震災時の食材の備蓄用
  • 別荘での食品の長期保管
  • 大量に釣った魚の保管

-20度以下の冷凍庫

-20℃程度の冷凍庫であれば、そこまで高価ではありません。 冷凍庫を購入する予定があれば検討するのも1つの方法です。

JCMC-41ジェーシーエム

ジェーシーエム 超低温冷凍庫 JCMCC-60
-20℃のでしっかり冷凍保管
家庭用冷凍庫よりも冷凍性能が高いです。
製品詳細
  • 冷凍ストッカー
  • 外形寸法:495×315×866mm
  • 容量:41L
  • 温度設定:-20℃以下(外気温30℃・無負荷平衝時直射日光受けず)
  • 重さ:22kg
  • 電源:100V
  • 付属品:霜取りヘラ

-40℃以下の冷凍庫

-40℃以下となると、ぐっとお高くなっていきます。

JCMCC-60ジェーシーエム

ジェーシーエム 超低温冷凍庫 JCMCC-60
-60℃~-40℃の超低温で冷凍保管
-60℃の超低温冷凍庫。
-60℃から-40℃までの温度調節ができます。
製品詳細
  • 冷凍ストッカー
  • 外形寸法:608×755×840mm
  • 容量:66L
  • 温度設定:-60℃~-40℃(外気温30℃・湿度55%・無負荷平衝時直射日光受けず)
  • 重さ:53kg
  • 電源:100V
  • 付属品:内蓋1枚/網カゴ1個/霜取りヘラ1個/鍵2個

-80℃の冷凍庫

これもamazonで買えることにびっくりしました。

DS-78ダイレイ

株式会社ダイレイ DS-78
-80℃でマグロや高級食材も安心保管
ドライアイスも保管できる超強力フリーザー
製品詳細
  • 超強力フリーザー
  • 外形寸法:W553×D646×H890mm
  • 容量:70L
  • 冷凍能力:-80度
  • 電源:100V

普通の冷凍庫でいいわ、という方はこちらをどうぞ。

スポンサーリンク

Twitterやってます

おすすめの記事