冷凍庫の選び方おすすめ7選

冷凍庫が欲しいと思っていざ選ぼうとしても、どれも似たようなものですね。

そこで冷凍庫のえらびかたを7通り提案してみました。

こんなことが気になる
  • たくさんある冷凍庫の中からどうやってえらんでいいかわからない
この記事からはこんなことがわかります
  • 冷凍庫のえらび方や注意点がわかります

冷凍庫の選び方、おすすめ7選は以下のとおりです。 気になるところを見ていきましょう。

  • 冷却方式(直冷式、ファン式)でえらぶ
  • 形(上開き、前開き、引き出し)でえらぶ
  • 大きさ(小型、中型)でえらぶ
  • メーカーでえらぶ
  • Amazonランキングでえらぶ
  • 人数でえらぶ
  • 電気代でえらぶ
  • 口コミでえらぶ

冷凍庫のえらびかた

冷却方法でえらぶ

冷凍庫の冷却方式は2つあります。

  • 直冷式
  • ファン式(または間冷式)

冷却方式は冷凍庫を選ぶうえでとても重要です。

直冷式は冷凍庫のメンテナンスとして、必ず霜取りが必要になります。

ファン式は冷凍庫についた霜を自動的に取り除いてくれるます。 そのため定期的に霜取りをすることがなくなるので、お手入れがとても簡単です。 そのぶん直冷式に比べて値段が高くなってしまいます。

人気があるのは霜取り作業がいらないファン式です。

形でえらぶ

冷凍庫の形状は、上開き、前開き(右または左)、引き出しの3種類があります。

ドア型(前開き)

チェスト型(上開き)

引き出し型

用途にもよりますが、家庭内で使いやすいものは前開きの冷凍庫です。 冷蔵庫と同じように前扉をあけて食材の取り出しができるので大変便利です。

上開きの冷凍庫は、冷気が逃げにくいので温度が安定しているので、食材を長期保管するのが得意です。

引き出し型はドア型と上開きの良いところを合わせた形になります。

大きさでえらぶ

大きさ

冷凍庫の大きさの分類は特に決まっていません。 容量別に説明がされていることが多いです。

ご家庭に冷凍庫を設置する場所によって大きさは決まります。

注意することは、冷凍庫の仕組みで冷却するために熱が発生します。 その熱を逃がすため冷凍庫の周り10cm程度のスキマを開けることが必要になります。 その大きさも考えてサイズを検討しましょう。

メーカーでえらぶ

冷凍庫はいろいろなメーカーから発売されています。 お好みのメーカーがあれば、そこから探してみてもよいでしょう。

冷凍庫を販売しているメーカーは以下のものがあります。(一部です)

  • 三菱
  • シャープ
  • 日立
  • Panasonic
  • アイリスオーヤマ
  • アクア
  • ハイアール
  • アレジア
  • レマコム
  • JCM
  • BESTEK
  • Grand-Line

僕が購入したのは三菱電機の冷凍庫。おすすめです。

ランキングでえらぶ

ランキング

どれを選んでよいかわからない時には、Amazonランキングが助けになるかもしれません。 ランキングの上位にある製品は大勢の人に選ばれていることになります。 Amazonランキングから気になる商品を探してみるのもいいでしょう。

⇒ Amazon冷凍庫ランキング

人数でえらぶ

一人暮らしにおすすめする冷凍庫。 冷蔵庫を買う前であれば、冷凍室が大きい冷蔵庫がおすすめです。

電気代でえらぶ

電気代

冷凍庫もそれぞれ電気代が変わります。 新しい製品であれば改良されているので毎月の電気代が安くなる製品もあります。

年間どのくらい電気代がかかるのか気になるところですね。

口コミでえらぶ

これ気になるなというものがあると、実際に使っている人の感想が知りたくなるものです。

口コミもいいですが、ブログの記事だと口コミよりも多くの情報がのっているのでおすすめです。

まとめ

冷凍庫をえらびかたおすすめ7選を説明させていただきました。

あとは、価格や配送料や設置料など細かなところもありますが、冷凍庫をえらぶうえでお役にたてればうれしいです。

スポンサーリンク

Twitterやってます

おすすめの記事