新グラファイトグリル&トースターでパンを焼く

遠赤グラファイト トースター

アラジンの新グラファイトグリル&トースターを購入したので、「遠赤グラファイト」技術で焼くトースターとは一体どんな食感なのか試してみました。

あわせて読みたい
目次

遠赤グラファイトとは

今までのトースターは石英管ヒーターを使うものが多く、発熱温度や発熱までに時間がかかっていました。そのため、出来上がりのトーストは、長時間熱にさらされてしまうので、パンが乾燥してしまいしっとりとした食感が失われてしまっていました。

しっとりとした食感を失わないために、水分を補給しながら加熱する商品もあります。

遠赤グラファイトは0.2秒で発熱し、熱も強力であるため、パンが乾燥するよりも早く焼くことができます。そのため、外はカリカリ、中はしっとりとしたトーストが焼けるというしくみです。

新グラファイトグリル&トースターで焼いてみる

まずは基本であるトーストから試してみました。

せっかく高級トースターを使うのですから、食材もちょっとお高めな食パン「神熟」を調理してみましょう。

神熟 トースト
神熟の焼き印が高級感を出しています

ちょっと厚めに切ってアラジンの新グラファイトグリル&トースターで焼いてみます。

2枚に切ったパンを網の上に乗せ、280℃で3分間焼いてみました。

パンを置く場所によっては焼ムラができてしまいますが、評判どおり外側はカリカリ中はしっとりしたままで、とても美味しいです。

新グラファイトで焼いたトースト
ちょっと焼きムラがあるけど、とても美味しい

遠赤グラファイトの技術は素晴らしく、短時間で美味しいトーストができるのはとても助かります。

今回はちょっと良い食パンを使ってみましたが、普通の食パンやお餅などもためしてみたいですね。

新グラファイト グリル&トースター(4枚焼き)

アラジン グラファイト グリル&トースター
出典:Amazon
製品詳細
製品番号AGT-G13A(G/W)
カラーグリーン/ホワイト
トーストの焼ける枚数4枚
ヒーター(庫内上)グラファイトヒーター
(庫内下)石英管ヒーター
本体寸法W360×D355×H250mm
温度調節つまみ280℃~100℃
付属品グリルパン/グリルネット/レシピブック/コンセプトブック
遠赤グラファイト トースター

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

3児の父で普段はプログラム開発をしています。 冷凍庫を買ってから家電製品に興味を持ち始めました。 趣味が高じて家電製品アドバイザーの資格を取得しました。

コメント

コメントする

目次
閉じる