スポンサーリンク

2018.12.09 2018年12月のランキングを記事に適用しました。

最近の冷凍食品は、簡単・手軽に電子レンジがあればだれでもチンして美味しく作るができますね。 ただ、容器がかさばるので、冷凍室がすぐにいっぱいになってしまうのではないでしょうか。それに、冷凍食品だけじゃなく、肉や野菜も冷凍して沢山保存しておきたいものです。

冷凍室はもういっぱい。 もっと冷凍室が広ければいいのに…と思ったら新たに冷凍庫を追加購入の検討をするタイミングかもしれません。

新しい冷凍庫があれば、買い物中に「これが欲しかったのだけれど冷凍庫のスペースはどのくらい空いていたかな? どうしよう、今日は買うのやめておこうか」なんていう心配はなくなります。

僕の奥さんも毎回のように悩んでいましたが、冷凍庫を購入してからは買い物のときに悩んでいるところを見ることがなくなりました(冷凍庫に入る入らないの悩みですけどね)。

冷凍庫があれば、買ったものが必ず冷凍できるので悩むストレスから開放されますし、冷凍品以外の食品を買いすぎたとしても、あまった食品は加工して冷凍しておけば無駄にならなくてすむので経済的にもお得になります

あらかじめ料理を仕込んで冷凍しておけば、料理を作る時間も短縮することができて、忙しい毎日でも美味しい料理をすぐに作ることができます。

冷凍庫が増えると沢山のメリットを受けられるようになります。 もし、ご購入に悩んでいるなら、是非おすすめしたい商品です。

それでは、おすすめの冷凍庫ランキングをみる前に、まずは購入するために必要な知識を紹介したいと思います。

この記事の目次

どんなタイプ(種類)があるの?

ドア式

家庭用冷蔵庫と同じように前開きのドアを使って開閉します。

冷凍庫は1ドア方式が多く、上部には電子レンジを置いたりすることも可能です。(置くことができないものも中にはありますので、説明を必ずよく読んでおきましょう)

庫中は段にわかれており、それぞれ透明なケースに商品を収納することで、どこに何が入っているのか確認しやすくなっています。ドアの開閉は右開き、左開きがありますので置く場所によってどちらが適切なのか決めましょう。

引き出し式

引き出しが複数あって、タンスみたいにそれぞれが独立して開閉することができます。引き出しが独立していますので、整理がしやすくニオイ移りも気になりません。

チェスト式

上開きのドアがついていて、そのドアを持ち上げるように開閉します。

上から物を出し入れしますので冷気が外に逃げだしにくいです。

仕切りがありませんので、ドア式、引き出し式に比べて収納量が大きくなります。

冷却方式の違い

冷凍庫には、「直冷式」、「ファン式」の2つの冷却方式があります。 それぞれ、メリット・デメリットがありますので、検討するための条件として考えておきましょう。

直冷式

冷凍庫の中に冷却器があり、冷凍庫の中から直接全体を冷やす方式です。効率的で、電気代が安くなります。

庫内に霜がつくため、年に数回、霜取り※をする必要があります。

POINT
霜取りとは・・・冷凍庫の中にある商品を一度取り出し、電源を落とします。冷凍庫を常温まで戻してから霜を取り払います。

ファン式

冷却器で冷やされた空気をファンを使って強制的に循環させる方式です。

冷却器についた霜は霜取り機能によってヒーターで溶かされますが、冷凍室とは壁で仕切られているため、冷凍食品が溶けることはありません。

ファン式は霜取りは必要ありません。

購入するときの注意点は?

大きさ

既に冷蔵庫はご家庭にあると思いますので、それプラスどのくらいの大きさほしいのか検討しましょう。

あらかじめ置く場所を決めてから購入します。その場所におけるかどうか大きさを調べておきましょう。

冷凍庫は、その大きさプラス周り10cm程度の余裕が必要になります。

タイプ

こちらはお好みで。ドア式の場合には、設置する場所によって右開き、左開きのどちらか開けやすいほうを購入しましょう。

冷却方式

直冷式からファン式のいずれかを選びます。

電気代が安く、音が静か、比較的価格が安いものは直冷式になります。年に数回の霜取りが必要になります。

直冷式のメリットがデメリットになってしまうのがファン式になります。しかし、霜取りの手間がいらないことは大きな魅力になります。

僕が購入したものは

最終的に僕は三菱MF-U12B-Sを購入しました。感想はこちらで。

冷凍庫Amazonランキング(2018年12月版)

Amazonでは一体どのような商品が売れているのでしょうか? 実際にランキングをみてみましょう。
※()でかかれた順位は2018年6月時点の順位です。

第10位(第4位)ALLEGiA(アレジア) 冷凍庫 ストッカー(206L) チェストタイプ 上開き 【省エネタイプ】 AR-BD206-NW

おすすめポイント

  • チェスト式(上開き)、直冷式の冷凍庫です。
  • 稼働音も24デシベルで低騒音
  • 扉が上開きだから、冷気が逃げにくい
  • 地球に配慮した省エネ&ノンフロンタイプ
  • 霜取り用ヘラ、バスケットが付属
  • サイズ(mm):幅926×奥行559×高さ845
  • 容量:206L
  • ドア数:1
  • メーカー製品情報ページ

第9位(第5位)ALLEGiA(アレジア) 冷凍庫 ストッカー(147L) チェストタイプ 上開き 【省エネタイプ】 AR-BD147-NW

おすすめポイント

  • チェスト式(上開き)、直冷式の冷凍庫です。
  • 稼働音も24デシベルで低騒音
  • 扉が上開きだから、冷気が逃げにくい
  • 地球に配慮した省エネ&ノンフロンタイプ
  • 霜取り用ヘラ、バスケットが付属
  • サイズ(mm):幅714×奥行559×高さ845
  • 容量:147L
  • ドア数:1
  • メーカー製品情報ページ

第8位(圏外)タンスのゲン 冷凍庫 60L 右開き フリーケース付き 調節脚 温度調節ダイヤル 家庭用 省エネ メーカー1年保証 ブラック AM 000092 01

おすすめポイント

  • ドア式(右開き)、直冷式の冷凍庫です。
  • 庫内容量やストックを一目で確認できる前開き式
  • 透明フリーケースが3つ付属、綺麗に収納&お掃除楽々
  • 庫内温度調節ダイヤル付き(MIN⇔NORMAL⇔MAX)
  • 色はシルバーとブラックの2種類
  • サイズ(mm):幅480×奥行500×高さ840
  • 容量:60L
  • ドア数:1
  • メーカー製品情報ページ

第7位(第1位)シャープ 86L 冷凍庫(フリーザー)直冷式 ホワイト系SHARP FJ-HS9X-W

おすすめポイント

  • ドア式(右開き)、直冷式の冷凍庫です。
  • 高い省エネ性を実現
  • ケース式で整理しやすく、冷気のムダも防ぐ「4段ケース収納式フリーザー」
  • 電子レンジを載せて使える「耐熱100℃のトップテーブル」
  • サイズ(mm):幅550×奥行575×高さ865
  • 容量:86L
  • ドア数:1
  • メーカー製品情報ページ

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥23,926 (2018/12/10 07:20:31時点 Amazon調べ-詳細)

BESTEK BTLD109との比較記事もあります。

第6位(圏外)ALLEGiA(アレジア) 冷凍庫 ストッカー(103L) チェストタイプ 上開き 【省エネタイプ】AR-BD103-NW

おすすめポイント

  • チェスト式(上開き)、直冷式の冷凍庫です。
  • 稼働音も24デシベルで低騒音
  • 扉が上開きだから、冷気が逃げにくい
  • 地球に配慮した省エネ&ノンフロンタイプ
  • 霜取り用ヘラ、バスケットが付属
  • サイズ(mm):幅559×奥行559×高さ845
  • 容量:103L
  • ドア数:1
  • メーカー製品情報ページ

第5位(圏外)Grand-Line 冷凍庫 32L 1ドア シルバー AFR-32L01SL

おすすめポイント

  • ドア式(左右開き)、直冷式の冷凍庫です。
  • 庫内容量やストックの確認が一目で確認することができます。
  • ネジを付け替えることでドアの開き方を左右で変えることができます。
  • 7段階の温度調節機能
  • 製氷皿が付属
  • サイズ(mm):幅474×奥行447×高さ496
  • 容量:32L
  • ドア数:1
  • メーカー製品情報ページはありません

created by Rinker
¥12,800 (2018/12/10 10:47:44時点 Amazon調べ-詳細)

第4位(第1位)シャープ 86L 冷凍庫(フリーザー)直冷式 ホワイト系SHARP FJ-HS9X-W

おすすめポイント

  • ドア式(右開き)、直冷式の冷凍庫です。
  • 高い省エネ性を実現
  • ケース式で整理しやすく、冷気のムダも防ぐ「4段ケース収納式フリーザー」
  • 電子レンジを載せて使える「耐熱100℃のトップテーブル」
  • サイズ(mm):幅550×奥行575×高さ865
  • 容量:86L
  • ドア数:1
  • メーカー製品情報ページ

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥23,926 (2018/12/10 12:52:22時点 Amazon調べ-詳細)

第3位(圏外)ALLEGiA(アレジア) 冷凍庫 ストッカー(63L) チェストタイプ 上開き 【省エネタイプ】AR-BD66-NW

おすすめポイント

  • チェスト式(上開き)、直冷式の冷凍庫です。
  • 稼働音も24デシベルで低騒音
  • 扉が上開きだから、冷気が逃げにくい
  • 地球に配慮した省エネ&ノンフロンタイプ
  • 霜取り用ヘラ、バスケットが付属
  • サイズ(mm):幅477×奥行559×高さ838
  • 容量:63L
  • ドア数:1
  • メーカー製品情報ページはありません

第2位(第9位)BESTEK 冷凍庫 60L 直冷式 1ドア 右開き BTLD109

おすすめポイント

  • ドア式(右開き)、直冷式の冷凍庫です。
  • 騒音レベル約25db
  • 3段階の冷却度が調節できます。
  • 3つの透明プラスチックバスケットで食材を収納できて、ストックが一目確認することができます。
  • サイズ(mm):幅880×奥行530×高さ500
  • 容量:60L
  • ドア数:1
  • メーカー製品情報ページ

created by Rinker
¥20,800 (2018/12/10 14:28:07時点 Amazon調べ-詳細)

シャープ FJ-HS9X-Wとの比較記事もあります。

第1位(圏外)ALLEGiA(アレジア) 冷凍庫 ストッカー(107L) 家庭用前開きタイプ ファン式 霜取り不要 フリーザー【省エネタイプ】AR-BD120-NW

おすすめポイント

  • ドア式(右開き)、ファン式の冷凍庫です。
  • 騒音レベル約24db
  • ファン式なので霜取りは不要です
  • 天板は耐熱温度100℃
  • アイスBOX/製氷皿/小型引き出し式バスケットx1/中型引き出し式バスケットx3が付属
  • サイズ(mm):幅474×奥行541×高さ1250
  • 容量:107L
  • ドア数:1
  • メーカー製品情報ページはありません

圏外だけどおすすめの冷凍庫

第12位(新製品)三菱 121L 冷凍庫【右開き】シャイニーシルバー【フリーザー】MITSUBISHI MF-U12D-S

おすすめポイント

  • ドア式(右開き)、ファン式の冷凍庫です。
  • 音が静か。静音約25db
  • 耐熱性能天板で上に電子レンジを置くことができます(上板耐荷重30kgまで)。
  • 急速冷凍ボタン機能があります。
  • サイズ(mm):幅480×奥行586×高さ1126
  • 容量:121L
  • ドア数:1
  • メーカー製品情報ページ

created by Rinker
三菱電機(MITSUBISHI)
¥40,490 (2018/12/10 14:28:07時点 Amazon調べ-詳細)
こちらは旧型です。
created by Rinker
三菱電機 (MITSUBISHI)
¥49,800 (2018/12/10 14:28:08時点 Amazon調べ-詳細)

僕が購入した製品は旧型のMF-U12B-Sです。ファン式冷凍庫ですのでお手入れがとても簡単です。使った感想の記事がありますので興味がある方はこちらからどうぞ。

第67位(新製品)三菱 144L 冷凍庫【右開き】サファイアブラック【フリーザー】MITSUBISHI MF-U14D-B

おすすめポイント

  • ドア式(右開き)、ファン式の冷凍庫です。
  • 音が静か。静音約25db
  • 耐熱性能天板で上に電子レンジを置くことができます(上板耐荷重30kgまで)。
  • 急速冷凍ボタン機能があります。
  • サイズ(mm):幅480×奥行586×高さ1291
  • 容量:144L
  • ドア数:1
  • メーカー製品情報ページ

おすすめの冷凍庫は

Amazonランキングでは、チェストタイプの直冷方式のものが売れています。やはり価格を重視すると直冷方式になるのではないかと思います。まずは自分で霜取りができるかどうかが、分かれ道になるのでしょうか。

今年になって出てきたALLEGiA(アレジア)冷凍庫はランキングの半分を占めるようになってきました。いろいろなサイズがあり、ファン式までも出てきましたのでうれしいところです。

ALLEGiA(アレジア)製品を提供されているエイ・アンド・アール株式会社の詳細はホームページから読み取れないのでちょっと不安ではありますが。これからの口コミに注意してみていきたいと思います。

あなたはどのように考えますか? 購入する方によっていろいろな条件がありますので、自分にあった冷凍庫がみつかるといいですね。

通販には値段が安い商品が沢山あります。 ご存知かとは思いますが、商品を選ぶときにはお値段だけで選ばずに、故障したときに補償がついているか、修理の窓口があるかもきちんと確認しておきましょう。 最近ではランキングでさえもある程度操作できるような時代になってきています。 購入後のトラブルを避けるためには、事前の細かい確認が必要ですね。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事